ビッグ・ベン Big Ben abcdefg04

前に戻る

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ビッグ・ベン Big Ben

ライン

ビッグ・ベン Big Ben
 ビッグ・ベン (Big Ben) とは、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台 (Clock Tower) の大時鐘の愛称。 現在では時計台全体、あるいは大時計そのものをさして言う場合もある。
 1834年に焼失したウェストミンスター宮殿の再建には、チャールズ・バリーの設計したゴシック復興様式のものが採用された。そして、宮殿の設計責任者であるバリーは併設する時計台の設計をオーガスタス・ピュージンに依頼した。そのため時計台は初期のピュージンによる設計を髣髴とさせるものとなっている。 時計台の高さは96.3m。下部の61mは煉瓦造、残りの高さは鋳鉄の尖塔からなっている。時計の文字盤は地上55mのところに位置している。 地下鉄ジュビリー線の延伸などで地盤状態が建設時とは変化し、時計台はわずかに北西へ傾いている。傾斜度は約1/250、文字盤の位置でおよそ220mmほどである。また、熱の影響で一年かけて東西方向に数mmぶれる。
 大時計の文字盤はオーガスタス・ピュージンによって設計された。直径7mの鉄枠に312個の乳白ガラスがステンドグラスのようにはめこまれ、文字盤の周囲には金めっきが施されている。それぞれの文字盤の下には金文字のラテン語で「主よ、我らが女王ヴィクトリアに御加護を」と刻まれている。
 ビッグ・ベンの時計を設計したのは、弁護士でアマチュア時計学者のエドマンド・ベケット・デニスン (Edmund Beckett Denison) と、王室天文官のジョージ・ビドル・エアリーである。時計は1854年には完成していたが時計台の完成は1859年5月31日であったため、新しい脱進機を発明するだけの時間があった。この脱進機のおかげで振り子と時計構造をうまく分離させることが可能となった。 振り子は風の影響を受けないよう時計部屋の真下にあり、振り子自体は長さ3.9m、重さ300kg、2秒ごとに時を刻む。構造全体では重さ5tになる。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore