ひまわり ゴッホ Van Gogh Twelve Sunflowers abcdefg11

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ひまわり ゴッホ Van Gogh Twelve Sunflowers

ライン

ひまわり ゴッホ Van Gogh Twelve Sunflowers
 ひまわりとは、1888年8月から1890年1月にかけてフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた、花瓶に生けられた向日葵をモチーフとする複数の絵画の名称である。 ゴッホにとっての向日葵は明るい南フランスの太陽、ひいてはユートピアの象徴であったと言われている。 南仏のアルル滞在時に盛んに描いた向日葵を、精神が破綻し精神病院での療養が始まってからは描いていないこともその根拠とされる。
 ゴッホの制作した「花瓶に挿された向日葵をモチーフとした油彩の絵画」という定義であれば、7点が制作されたことが広く認められている。このうち6点が現存している。 この他に、パリにおいて制作されたものを含めて合計で11点(又は12点)とする定義があるが、これは花瓶に挿されていない構図も含めている。この項では主に前者の「花瓶に挿された向日葵」というほぼ同様の構図をとる作品群についての述べる。 同様の構図の作品が複数ある理由については、アルルでの生活・制作の根拠であった「黄色い家」の部屋を飾るためであったとする説がある。 ゴッホは、「ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女」という作品を中央にして、「ひまわり」(ミュンヘン、ロンドン、アムステルダム、東京にある4点)の何れか2点を両側に展示するというアイデアを手紙に記している。従って、これらの作品群は習作、不出来のもののやり直しというよりは、やはり複数が揃っていることに意味があったものと思われる。この4点が世界中に散逸していることは皮肉である。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore