お知らせ

ミロのヴィーナス Venus of Milos abcdefg12

ミロのヴィーナス Venus of Milos

ライン

ミロのヴィーナス Venus of Milos
 ミロのヴィーナス(フランス語: Venus de Milo、英語: Venus of Milos、)は、古代ギリシアで制作された彫刻の女性像。現在はパリのルーヴル美術館で展示・管理されている。
 ミロのヴィーナスは、ギリシア神話におけるアプロディーテーの像と考えられている。高さは203cm。材質は大理石。紀元前130年頃にアンティオキアのアレクサンドロスと呼ばれる、その名以外の素性が不明の彫刻家によって作成されたと考えられている。 「ミロ」は発見地ミロス島のラテン語読みで、「ヴィーナス」はアプロディーテーのラテン語名ウェヌス (Venus) の英語読みである。ただし英語では通常ルーヴルで表示しているフランス語式綴りをとって 「Venus de Milo」と表記し、これを英語式に「ヴィーナス・デ・マイロ」に近い発音をする。現代ギリシア語では「アフロディーテ・テス・メイロウ」に近い発音をする。
 ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス(Yorgos)によって、オスマン帝国統治下のエーゲ海のミロス島で発見された。彼は最初、官吏に見つからぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。 後に、フランス海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィルは、この像を見て価値を認め、フランス大使に頼みこんでトルコ政府から買い上げた。これは修復された後に、ルイ18世に献上された。ルイ18世は、これをルーヴル美術館に寄付し、現在でもそこで管理されている。 以後、ルーヴルを出て海外へ渡ったことはただ1度、1964年4月~6月、日本の東京(国立西洋美術館)および京都(京都市美術館)で行われた特別展示のみである。 1900年頃にルーヴルで一度だけ型取りされており、現在もその型を元にレプリカや縮小モデルが作られている。

投稿者

info@wpmyt.com