お知らせ

モナ・リザ Mona Lisa abcdefg16

モナ・リザ Mona Lisa

ライン

モナ・リザ Mona Lisa
 『モナ・リザ』(英: Mona Lisa、伊: La Gioconda、仏: La Joconde)は、イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画。深緑の衣装を着た一人の女性が、僅かに微笑んだ半身の肖像が描かれている。現在はパリのルーヴル美術館に展示されている。
 レオナルドは1503年にこの絵を描き始め、3年から4年制作にあたった。完成後もレオナルドの手元に置かれ、フランスのフランソワ1世の招きによりレオナルドと共にアンボワーズ城近くのクルーの館へ移り、その後1510年頃にフランソワ1世によって4000エキュで買い上げられ、フォンテーヌブロー宮殿に留め置かれたとされる。 さらにその後ルイ14世によってヴェルサイユ宮殿に移され、フランス革命後には現在の展示場所であるルーヴル美術館に落ち着いた。ただしその後もナポレオン・ボナパルトが滞在するテュイルリー宮殿を飾る目的でルーブルにあったほかの絵と同じく使用されたり、普仏戦争や第一次世界大戦、第二次世界大戦の際にフランス国内の安全な場所に移されたりしている。 1956年頃には酸による浸食で下部に著しい損壊が生じ、数ヶ月後には石を投げつけられたことから、『モナ・リザ』は現在のような防弾ガラス付き防犯ケースに収められた。また絵は木の板に描かれているためケース内部は湿度、気温ともに管理されるようになった。 1962年、アメリカ合衆国へと貸し出され、ニューヨークとワシントンD.C.で展示された。日本における展示は1974年に東京・上野の東京国立博物館で行われ、その後モスクワへ貸し出されている。

投稿者

info@wpmyt.com

モアイ Moai abcdefg15

2011年1月14日